さわだ先生の建築数字講座

第五回「あなたの会社の現金預金は足りている?」

 

 

子供が夏休みになる前に、マキタのコードレス掃除を買って、我が家の掃除をさせようと企んでいる澤田です( *´艸`)

マキタのコードレス掃除機は、とても軽いので2階への持ち運びもラクで、子供でも簡単に扱うことができます。他のコードレス掃除機と比べると、リーズナブルで充電も早いので、もはや買わない理由がありません。

職人さんは勿論、医療現場でも使われているマキタのコードレス掃除機が、今なら…。

 

ではさっそく前回の内容をおさらい。

工務店における工事台帳は、住まいにおける基礎工事と同じで、契約金額・工事利益は工務店の経営者であるあなたが決める!でしたね。

 

そして、第5回目のテーマ「あなたの会社の現金預金は足りている?」

 

では、質問です。

前月末のあなたの会社の現金預金残高はいくらですか?

また、その現金預金は、あなたの会社にとって多いですか?少ないですか?

「そんなこと言われても…考えたこともなかった…」

という声が聞こえてきそうなので、結論から

 

 

月商の3か月分の

現金預金がない会社はヤバイ!

 

 

では、なぜ月商(一か月の売上、年間の売上を12で割った金額)3か月分なのか?

答え. 不測の事態が起きた場合、月商3か月分の現金預金があれば概ね対応することができる。

 

 


・自己資金で家を建てられるお客様から、期日に入金がなかった。

 

・お客様が住宅ローンの手続きをしておらず、予定の期日に入金がなかった。

 

・つなぎ融資が金融機関の手続きミスにより、期日に入金がなかった。

 

・完成時に一括払いで引き受け、期日に入金がなく、さらに値引きを要求された。

 

 

これらは、全て実際にあった事例です。

 

 

どうですか?

こんなことが起きたらと思うとゾッ💀としますよね。

 

例えお客様から入金がなくても、協力会社には立替えて支払わなければならないので、

月商3か月分の現金預金がない方は、今すぐ金融機関に行き融資を受けましょう。

 

そうはいっても、顧問税理士の先生から、

「無借金経営を目指しましょう!」とか、「無借金経営されるなんて、社長はさすがですね☆」

と言われている方もいらっしゃると思いますが、ハッキリ言います。

 

それ、間違いです。(ざわ…ざわ…ざわ…)

 

実は、倒産した会社の約6割が黒字企業です。

 

金融機関は手続き上、いくら業績が良い会社であっても融資の実績がない会社には、

すぐにお金は貸せません。

 

会社の現金預金は、人でいう「血液」足りなくなったら、そこで試合終了。

 

だから、商売をしていく上で、金融機関と上手に付き合うことは必須なのです☆

金融機関との上手な付き合い方は、丸一日講演できるボリュームがあるので、また今度♫

早く知りたいという方は、弊社お問い合わせフォームまで。

 

 

それでは、次回…「仮払金は使うな!」をお送りします。

 

 

ABOUT THE TEACHERさわだ先生について

株式会社タイムマネジメント 代表取締役
澤田 智彦Tomohiko Sawada

時代を言い訳にしない、稼ぐ工務店をつくりたい方限定!未来から逆算して今を運営する「工務店専門の経営コンサルタント」。合言葉は「やりたいことをやりましょっ!」です。興味のある方はまず一度ホームページをご覧ください!

公式ホームページはこちら

時間軸経営のコンサルタント Time management 株式会社タイムマネジメント