さわだ先生の建築数字講座

第四回「工事台帳と完成工事原価報告書と粗利♡」

 

 

 

いよいよサッカーワールドカップが始まりますね⚽

今からワクワクが止まらない!どうも、サッカー大好き澤田です⚽

 

 

ロシアワールドカップ気になる日本代表戦の日程は、日本時間で初戦のコロンビア戦6/19(21:00)、セネガル戦6/25(0:00)、ポーランド戦6/28(23:00)となっており、仕事に支障はなさそうですね(笑)

みんなでサッカー日本代表を応援しましょう☆

 

 

では、前回の内容をおさらい。

工務店は、自己資本比率を高い水準で維持しなければならない!でしたね。

 

 

そして、第4回目のテーマ「工事台帳と完成工事原価報告書と粗利♡」

 

 

部屋とYシャツと私みたいなタイトルになってしまいましたが、今回の内容スゴく大切です☆

工事台帳と完成工事原価報告書と粗利は、全て繋がっています。

住まいで例えるのであれば、「キッチンと洗面とバスルーム」家事動線と言った感じです。

 

 

工事台帳を作成し、まとめると完成工事原価報告書ができ、工事台帳ごとの利益額を足すと、粗利(売上総利益)になります。アフター工事や共通工事の原価は?というツッコミはご容赦くださいm(__)m

 

 

つまり、工務店における工事台帳は、住まいにおける基礎工事と同じであると言えます。

工事台帳がない方は、これから立てていく戦術にも影響が出ますので、今すぐ顧問税理士の先生に電話をし、打合せの日時を決めてもらうことを強くオススメします

 

 

まずは、工事台帳という基礎工事を完成させてから、集客という木工事に入りましょう♫

利益がしっかりと出せる環境が整ったら、初めて集客です☆

 

 

この順番を間違えてしまうと、貧乏暇なしスパイラルに突入します?

逆に、工事台帳をしっかり管理できるようになった後に集客ができると、爆発的な利益が出ます♡

ココ大事なので、文字大きくして色も変えます。テストに出ます(笑)

 

 

契約金額・工事利益は工務店の経営者であるあなたが決める!

 

 

値決めは経営とも言われ、最も大事な部分です。

それによって、また利益も決まるからです。

利益額が少ない・利益率が低いのであれば、変えるための武器が必要!それが、

 

 

チャララチャッチャチャー♪ 工事台帳!(ドラ○もん風)

テレレレッテッテッテー♫  ○○工務店はレベルが上がった! 

 

 

ドラ○もんに、ドラ○エに入り乱れていますが、色んな武器を手にしながら強くなっていく☆

利益が少ないのは、契約金額が安いのか…?それとも、原価が高いのか…?他に要因があるのか…?

経営者が考えることをやめてしまうと、いずれ会社の売上も利益もなくなってしまいます。

 

 

そのために、経営について考える日を設けることも、一つの方法です。

「一人で考えても…」という方は、お声がけ下さい。

 

 

それでは、次回は…

やっぱり大切なのはB/S【読み:ビーエス 意味(英語:バランスシート 日本語:貸借対照表)】?!

 

「あなたの会社の現金預金は足りている?」をお送りします。

 

 

ABOUT THE TEACHERさわだ先生について

株式会社タイムマネジメント 代表取締役
澤田 智彦Tomohiko Sawada

時代を言い訳にしない、稼ぐ工務店をつくりたい方限定!未来から逆算して今を運営する「工務店専門の経営コンサルタント」。合言葉は「やりたいことをやりましょっ!」です。興味のある方はまず一度ホームページをご覧ください!

公式ホームページはこちら

時間軸経営のコンサルタント Time management 株式会社タイムマネジメント